spacer

茨城県日立市のケーキ、洋菓子、和菓子の専門店 大高かおる堂

concept

大髙かおる堂の歴史

  • シェフのこだわりロールケーキ
  • 鵜まいでしょ
  • 焼きドーナツ
  • 大高かおる堂の歴史

    オリジナルケーキ

    昭和21年7月1日 初代 大高薫が「大高菓子店」を日立市川尻町一丁目(旧店舗)に創業。店舗を構える以前から、べっ甲飴やさらし飴などを作って卸売りをしていた。
    2代目 大高千代蔵が饅頭、上生菓子、ケーキ、クッキー、パンなどを幅広く製造。給食のパンを作っていたこともある。
    昭和48年 3代目 大高英雄 修行を終えて日立に戻る。地域に根付いた菓子店を目指し日々精進する
    昭和62年10月28日
     現住所に移転。大高かおる堂 設立。店名は初代の名前から。
    平成2年5月1日有限会社 大高かおる堂 設立
      平成6年1月 高萩店 開店

    平成11年4月4代目 大高文英 修行を終え日立に戻る。
    現在に至るまで洋菓子職人として日々精進中。

  • 地域に愛される店をめざして…

    オリジナルケーキ

    大髙かおる堂は、地域に根付き、愛される店作りを心がけています。

    食べた人が笑顔になれるお菓子作りをモットーに
    日々お菓子と向き合っています。

    みなさまの笑顔のお手伝いが出来ることが、
    かおる堂にとっての幸せです。